レボルデに通う3つのポイント


受賞歴

各大会で当校の生徒が受賞しています。

  • 2014年 全日本ネイリスト選手権関西地区大会
    ナチュラルスカルプチュア部門5位/7位/10位
  • 2013年 アジアネイルフェスティバルin大阪
    ナチュラルスカルプチュア部門優勝 総合部門3位
  • 2013年 東京ネイルエキスポ
    ナチュラルスカルプチュア部門3位 総合部門4位

お知らせ

スクールブログ

サロン情報


ネイルを学ぶ!!ネイルスクールの基礎知識!!

ネイルは、年齢に関係無く学ぶことができます。ネイルスクールには、実に色々な方がネイルを学びに通っています。ここでは、ネイルスクールの基礎知識をお届けします。是非、皆さんのネイルスクール選びの参考に役立ててみて下さいね。

ネイルスクールで学べる事とは?

ネイルスクールではネイルはもちろん目的次第で学び方は広がる

ネイルスクールと言うと、皆さんはネイルケア・ネイルアート・ジェルネイルと言うように、ネイルの技術を学ぶ場所のイメージありますよね。ですが、ネイルスクールでは他にも多様なカリキュラムあり、総合的にネイルを学んだり、ネイル資格試験対策が行われていたり、サロン開業に特化したコースがあったり、色々と選択肢もあるので自分の目的次第で学べる内容と言うのは変わってきます。例えば、ネイル資格を取得することがネイルスクールに通う目的の場合、資格取得できるコースを選択することが大切で、学ぶ内容に関しても試験突破対策が中心になりますよね。また、プロネイリストになる為には、ネイル技術をはじめ専門的な知識も必要で、基本的なネイルケアやお客様の爪に対する適切な対応も求められるので、ネイルに関する幅広い知識や技術を習得していくことが必要になます。

ネイルスクールでのカリキュラム内容

ネイルスクールでは、プロネイリストに必要な知識や技術をしっかり学んで、自分の力として身に付けることが必要です。具体的には、ネイルケア・カラーリング・チップ&ラップ・ネイルアート・ジェルネイル・イクステンション・3Dアートなど、プロ講師指導により技術を学んでいきます。また、ネイリスト技能検定とジェルネイル検定もあるので、これらの資格に合格する為の試験対策などもスクールで行われています。

ネイルスクールで学ぶ期間

例えば、ネイリスト技能検定2級とジェルネイル検定中級、このレベルに到達する技術を学ぶ為に必要な授業時間を例に挙げてみたいと思います。大体、目安として受講期間は6ヶ月〜1年程度となっており、その期間の間にプロネイリストとして必要な知識や技術を学んで身に付けていきます。また、より上級知識や技術を習得する場合は、ネイリスト技能検定1級やジェルネイル検定上級レベルを目指すことになります。この場合には、受講期間は1年〜1年半程度となっています。ただし、受講期間と言うの、人それぞれに個人差があるので、あくまでも目安として理解しておきましょう。

ネイルスクールの選び方とは?

スクール選びのポイントについて
資格取得や就職サポートが充実しているスクールを選ぼう

例えば、「趣味でネイルを学びたい!」そう思ってスクールに通ってみたら、「本気で学びたい気持ちになった」と言う方の話はよくあります。ネイルを仕事にしていくことが夢であった方も、ネイルスクールで資格取得をして自宅開業する方も少なくありません。しかし、字際に本気でネイリストを目指す際には、プロ養成カリキュラムや就職サポートなどが充実しているスクールの方がお勧めです。なので、プロネイリストが目標である方、また、そうではない方も、ネイルスクールとしてしっかり学ぶ環境が整っているスクール選びが大事なポイントになります。

当然、そう言ったネイルスクールには、講師として信頼できる方が多く在籍しているので、ハイレベルな授業を受けながらネイリストを目指すことができます。しかし、ここで気を付けたいこととして、資格取得には力を入れていても就職率が低いスクールもあります。サロンや美容業界の繋がりが薄いと判断できるので、紹介できる就職先も限りがあるなどサポートが整っていないと不安ですよね。なので、就職に向けたサポートがしっかり充実していること、万が一就職できなかった場合のフォローなど、前以てスクールのHPなどを見て確認しておく必要があるでしょう。

講師陣は充実しているか

ネイルスクールで何より大切なポイントは、ネイル講師の質です。保有資格確認や現役でネイリストとして活躍しているかなど、こういった点も確認するポイントの一つです。ネイル業界と言うのは、ファッションのようにトレンドがめまぐるしく変化していくので、そのトレンドをしっかりキャッチする術なども熟知する必要があります。なので、ネイル業界では常にネイルの新しい情報、現場のネイル動向、美容業界の流れなど、多くのことを視野に入れた指導が大切です。また、ネイルスクールは自分が定期的に通って学ぶ場所なので、立地条件や無理なく通える範囲であるかなども考慮しましょう。

ネイルスクール選びのポイントまとめ

自分でネイルを本格的に学ぶ為には、全日制スクール・自分のペースで通うスクール・自宅勉強可能な通信制など、様々な学習方法があります。ネイルスクールはと言う場所は、ネイリストの勉強を行う教育施設です。自分のネイル技術評価や指導などをしっかり受けることができます。しかし、現在は多数のネイルスクールが存在しており、自分の目的に適している選び必要です。ネイルスクールの選び方としては、趣味で学ぶのか、それとも本格的にネイリストを目指すのか、この目的の違いで変わってきますよね。ネイリストが目標であれば、ネイル技術と知識をしっかり学べる全日制や予約制スクールがお勧めです。自分にきちんと合ったスクールを見つける為にも資料請求や授業見学などへ行き、字際の授業内容や施設の特色などを見て来ることも一つです。

ネイルスクールで取得できる資格とは?

JNECネイリスト技能検定試験

JNECネイリスト技能検定試験と言うのは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターによって運営されているネイリスト育成を行う為の検定試験になります。インターネットで調べてみると、JNAネイリスト技能検定やJNEネイリスト技能検定と言うような表記もあります。この技能検定試験は歴史としては古く、年間に約6万人の受験者数を誇っており、ネイリストを目指す方にとっては大事な資格試験になっています。検定は1級が最高レベルで、1級・2級・3級とレベルが分類されています。無資格者の場合は、必ず一番レベルの低い3級からの受験となっており、技能検定試験に合格することで次のレベルに進むことができます。なので、ネイル初心者の方は、初めに3級合格を目指して技術や知識を身に付けていきましょう。

JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験と言うのは、NPO法人 日本ネイリスト協会によって運営されているジェルネイル施術技術修得を行う為の検定試験になります。近年、ジェルネイルの普及が急速に進んでいることからも、ネイルサロンには必ずある施術メニューですよね。ネイリスト技能検定試験の技術試験では、ネイルケア、スカルプ、ネイルアートなどが中心になるのですが、ジェルネイル技術補完の為にジェルネイル技能検定が誕生しています。検定のレベルについては、初級・中級・上級と分類されています。ネイリスト技能検定の3級合格者の場合であると、初級実技試験の一部免除が適応されるなど、ネイリスト技能検定と密接な関係であると言えます。まずは初級を合格者し、その後、次の級に進むことでスキルアップを目指していくことができます。

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士と言うのは、NPO法人日本ネイリスト協会が定めているネイルサロン衛生管理自主基準によって、講習会を受講して確認テストに合格することで、取得することができる資格となっています。ネイルサロンにおける衛生管理自主基準のガイドラインを普及することで、サロン従事者へ向けた啓発活動を行っており、安心・安全なネイルサービス普及と公衆衛生向上に資することが目的です。JNA認定ネイルサロンの場合は、このネイルサロン衛生管理士は必要な資格です。

JNA認定講師資格試験

JNA認定講師資格試験と言うのは、NPO法人日本ネイリスト協会によって運営されている資格試験です。この試験に合格することで認定講師資格を取得することができます。資格取得によって、日本ネイリスト協会の講師会メンバーになることができ、イベント実行委員・験管員・コンテスト審査員・各セミナーの担当など、JNAが主催するネイル活動に参加して貢献することができます。受験する場合は、ネイリスト技能検定試験1級を合格しており、合格認定日から1年以上経過していること、プロネイリストの経験があるなど、受験するにも条件があります。この資格があると、ネイルスクール講師としても活躍することができます。

ネイリストの仕事とは?

ネイリストの業務の内容について
サロンの開店準備

ネイルサロンの営業を開始する為の開店準備を始めに行います。ネイルサロンは、常に衛生環境を整えておく必要がり、ネイルに必要な備品の品手入れ・薬剤の補充・備品の洗浄など、徹底した衛生管理が大切です。他にも、ネイル作業に必要な在庫量確認も大事になるので、不足な物に関しては発注も行います。また、来店してくれたお客様がリラックスできるよう、室内にアロマを焚いたり、音楽を流したり、癒しの空間づくりにも配慮されているサロンは多いです。

来店したお客様の接客・ネイル

ネイリストとしての大きな業務は、何と言っても来店してくれたお客様への接客と施術です。お客様一人一人によって、ネイルの好みや要望などは変わってきます。なので、しっかりお客様とコミュニケーションを取って、把握していくことが大切です。また、ネイリストがお客様一人一人に似合うネイルデザインやカラーを提案したり、爪の健康状態に合わせてアドバイスを行ったりすることもあります。サロンのリピーターになってもらう為には、ネイルの高い施術技術はもちろん、心地の良い接客もお客様の満足度に繋がります。

ネイルチップでデザイン制作

プロのネイリストになれば、自分のセンスを活かした新しいネイルのデザイン、トレンドを取り入れたデザインなど、業務作業でも大事な作業になります。新たに制作したネイルチップは、サロンに来店したお客様がネイルデザインを決める際にも参考になり、また、ネイルイメージを膨らませる為にも役立ったりしますよね。また、サロンの広告やHPなどに掲載する機会も多いので、ネイルチップはセンスや感性をお客様にアピールできるものにもなすので、サロン選びの判断材料になる重要なものと言えます。

ネイルの研修会・指導を行う

ネイリストになれば、ネイル技術は常に磨いてスキルを維持し、また、上達していく必要がありますよね。その為には、サロンワーク後に自分でネイルスキルの練習をしたり、技術講習などで技術向上に努めたりします。特に、ネイリストになったばかりの新人や、ネイリストとして経験がまだ浅い場合、サロンに来店してくれたお客様に満足してもらえるようなネイル技術やスムーズな作業など、ネイリストとして必要な技術を習得します。また、ネイルサロンの店長や管理者になれば、後輩の助言や技術指導なども行う機会もあります。

ネイリストの役割について
お客様の爪を美しく綺麗に健やかにする

ネイリストの役割では、高いネイル技術によって、お客様の爪を健康にそして美しく綺麗にすることが役目です。ネイルのカラーリングやアートなどに注目されるのがネイルですが、ネイリストは健やかなネイルケアを提供することが基本です。不健康な爪の方には改善に向けたケアやアドバイスを行い、本来の健康な爪を蘇らせるサポートを行います。また、お客様一人一人が抱えている、爪の様々な悩みにも応えていきます。なので、ネイリストはネイル製品に対する化学的知識はもちろん、衛生学などに関しても理解していることが求められています。

高いネイル技術で感動や特別感を提供する

最近のネイル用品は、とても性能が良い物も簡単に手に入れることができます。なので、ネイル初心者の方でも練習すれば、簡単なネイルアートが自分でできるようになります。しかし、プロのネイリストに施術してもらうと言うことは、お客様は時間と費用をかけてネイルの高い技術と特別感を求めています。お客様はと言うのは、自分ではすることができない難易度の高いネイルアートやデザインをしてもらう、それをとても楽しみにしていますよね。このように、ネイリストは自分の高いネイル技術によって、お客様に感動を与えて特別感を感じてもらい、素敵な時間と瞬間を彩る役割も担っています。

自分に合ったスクール選びのポイント

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。
受付時間:12:00~17:00(月曜除く)

お問い合わせ・資料請求・見学予約